粗大ごみの処分などに費用が掛かるのは当然と考えるべきです

ゴミの回収は自治体の住民サービスの1つとして重要な位置づけになっています。多くの自治体では資源の再活用に向けて何種類もの品目に分別収集されているのが一般的です。

ご近所のもめ事として、この分別を行わずに集積場に出し、回収されずに残されていったゴミ袋に関するものをよく聞きます。確かに分別は面倒だけれど、こうしたルールを守れない人には本当に困ったものです。

それ以外にも、一般ゴミとしては回収してもらえない大型ごみを不法投棄する人さえいます。近隣の住民は、さすがにこうした事を行う人はいませんが、夜中に車で運び不法投棄する人がいるのです。

大型ごみの回収が有料になっていたり、無料でも事前に連絡して所定の日に、大型の粗大ごみを出す必要があり、その費用を節約するためか、事前連絡が面倒なのかと言った理由なのでしょう。

こうした不法投棄は犯罪であり、それを平気で行う人の気持ちが分かりません。こうした人が、万が一遺品整理で大量の粗大ごみを処分する必要がある場合、どうするのでしょうかネ。

ものを買うのには費用は当然掛かりますが、ものを処分するにも費用が掛かるのが当然だと認識する必要があります。

PR|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|ショッピングカート|女性の人生|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|心の童話|貯蓄|初値予想|GetMoney|お家の見直ししま専科|