実家の遺品整理の多くを業者に依頼しました

実家で一人暮らしであった母が他界し、遺品整理をして家財道具全てを処分する必要が生じました。49日を終えた頃に、箪笥や収納の引き出し内を整理し、形見となりそうなものを選びました。
その後で、下着類を処分し、アルバムの写真をチェックして不用な写真は処分しました。また書棚にあった父が残した大量の書籍も子供会の運営費を集める為に子供会が実施している紙ごみの回収に出して処分しました。
ここまでは、遺族だけで進めたのですが、そこから先はやはり自分達では余りにも大変なので、業者さんにお願いしました。
リサイクルショップを運営されており、かつ遺品整理も多数手がけて居られる業者さんにお願いしました。私達にとっては不要なものでも、まだまだ使えてリサイクルショップで販売できるものは買取ってもらえ、遺品整理費用から差し引いてもらえる業者さんです。
買取ってもらえた額は知れていましたが、それでもすべてがゴミとなるのではなく、必要とされる方に一部でも使用してもらえる事になり、エコにも適う遺品整理ができ、本当に良かったと思います。