長年たまった遺品の片付け

昨年末に亡くなった祖母の家の遺品整理を少しずつ進めているのですが、何十年とその家に住んでいたということもあって様々なものが出てきます。
たとえばヨーグルトメーカーやおにぎりを温めるような機械などよくわからないものがたくさん出てくるのです。当時は画期的なものだったのだろうなと思うと、時代の流れを感じます。
それらはゴミとして処分してしまえばよいということで燃えないゴミで処分したのですが、問題は食器類でした。晩年は一人で暮らしていたため必要最低限のものがあればよかったはずなのですが、昔から整理をしていなかったようで非常に沢山の食器が出てきたのです。食器はブランド物ならば買い取ってもらえるでしょうが、ノーブランドだと引き取りも断られてしまうという話も聞きます。そのため少しずつ燃えないゴミとして処分するしかないのかなと途方に暮れてしまいました。
食器は重いしかさばるしでなかなかに処分が大変なものなため、将来こうならないためにもこまめに整理して最低限のものを残しておこうと誓った体験でした。