部屋の掃除が一向に進まない友人の話

掃除をしようと思ってもなかなかやる気が出ない、そんな経験をしたことがある人は多いでしょう。

私の友人もそのひとりです。

友人の部屋はいつ訪れてもモノで溢れかえっており、清潔好きの人からしたら耐えられないくらいだと思います。

しかし、本人はそれが落ち着くとのこと。

掃除をした方が良いと助言しても、後でやると言って結局掃除をすることはありません。

しかたなく、一緒に掃除をしようと提案し、ようやく部屋の掃除をはじめました。

友人の部屋の掃除は、一言でいうと大変でした。

モノが溢れていたので、まず、いるものといらないものとの選別を行ったのですが、これが難航しました。

友人は私から見たら必要ないものまで必要だと言い張ったのです。

そのため、捨てるモノは少なく、モノで溢れた状況は改善しませんでした。

モノを大切にしようという心がけは素晴らしいですが、モノを捨てられないというのは困りものです。

モノに対する認識を根本から変えないと、友人の部屋はきれいにならないなと感じました。